米原に生きる
米原地域に住んでいる貴重な生物を
ご紹介します。

HOME客室・料金のご案内米原の風景みなみのお散歩 *The Dogs*ブログ


 マンタ

石垣といえばマンタ!
島周辺を回遊しているので、米原で見られることもあります。
これは10年前にダイビング中に遭遇しました。
まだカメラがデジタルではなかった時代の写真です。


 カンムリワシ

特別天然記念物であるカンムリワシは石垣島と西表島にしかいません。
どちらの島にも各100羽ほどしかいません。絶滅危惧種です。
米原ではよく電柱にとまっています。カラスより大きいぐらい。
ケンカではカラスの方が強いようです。
甲高い声でピーと鳴きます。

それが最近は交通事故で死ぬことが多いのです。
あまり素速くないので、道路で餌を食べていたりしてはねられます。
どうか島内ドライブはゆっくりとお願いします。何が飛び出してくるかわかりませんから。


 セマルハコガメ

陸亀でひょっこり庭に現れます。絶滅危惧類。
頭や手足を甲羅にひっこめるだけでなく、
更に蓋をして箱のようにになってしまいます。
両側が草むらになっている道路をよく横断するので
車にひかれてペッチャンコにつぶれているのを見かけます。

どうか島内ドライブはゆっくりしてください。何が歩いているかわかりませんから。



 アカショウビン

4月になるとやってくるアカショウビンは石垣に初夏の訪れを告げます。
7月ぐらいになるとまた次の地へ渡っていきます。
涼しげな声で「キョロロロロ(ドシラソファミレド)」と鳴きます。
飛ぶ姿ははばたくと言うより赤い弾丸。
道路に飛び出して車にはねられます。

用心深くなかなか写真が撮れませんでしたが、
この時は庭のとかげを狙っていたようで、じっとしていました。


 カンムリワシ若鳥

この秋に巣立ったばかりのカンムリワシ若鳥がうちの辺りにやってきました。
成鳥との違いは、白い胸とお腹です。
頭・尾羽・背中と全体に白い羽が多いのが見分けるポイント。
上から2つ目の成鳥の茶色っぽいからだと見比べてみてください。
成長するともに、濃い羽色が増えていきます。




HOME客室・料金のご案内米原の風景みなみのお散歩 *The Dogs*ブログ